スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボツネタ祭り

ボツネタ4


ボツネタ祭り・・・・。
今日のボツネタ・・・・ボツネタとして出すのも恥ずかしいようなボツ似顔絵(^^;)
「だったら、出すなよ!!」だけど・・・・。
でも、せっかく描いちゃったわけだし、もったいないのよね。(^^)
正解は、ちょこっと下の方に。




上段 左側・・・峰竜太  右側・・・世界のナベアツ
下段 左側・・・松野頼久 民主党副幹事長  右側・・・西田敏行 
スポンサーサイト

チュートリアル

チュートリアル


徳井義実、福田充徳の二人は、幼稚園から河合塾まで同級生なのだそうだ。
お互いを「ふくっち」「とくっち」と呼び合うらしい。
いわゆるイケメンの「とくっち」がボケで、少々残念な「ふくっち」がツッコミ。
漫才を見たとき、面白いと思ったマダム。
漫才を披露する場が、テレビでは少ないように思う。

深津絵里  織田裕二

織田裕二 深津絵里


 「踊る大走査線」ってことだね。

マダムの休日

気球


今日のマダム猫柳の似顔絵は、お休みです。  

サバンナ

サバンナ


似顔絵の参考に・・・と、ネットでサバンナの画像を検索してみたら、大半がアフリカのサバンナの写真だった。
頑張ってるんだろうけど、お笑いの方のサバンナは、関西では、そこそこ見かけるけれど、全国的には、まだまだ認知度が少々低そうである。
ちなみに、マダムが描いた、この似顔絵。八木君が「鯛の小骨に気をつけろ!」と言いながら行進中。
高橋君が、あきれてる・・・というところだけれど、後ろ向きの理由は、ご想像に任せましょう。(^^;)

・・・・・・・・・・

猫だんな春猫ダンナのコーナー

お元気ですか?猫ダンナです。さ、今日も週刊朝日に掲載されたマダムの手描き似顔絵を紹介しましょうね。
2004.6.25石原裕次郎2004.2.25号掲載

石原裕次郎さんですね。ビシッとニヒルに決めてらっしゃいます。じゃ、またお会いしましょうね。猫ダンナでした。

・・・・・・・・・・

鈴木宗男  志位和夫

志位和夫 鈴木宗男


日本共産党の志位和夫氏って、背が高いそうで・・・。
じゃ、隣に、小さめの人を・・と、新党大地の鈴木宗男氏を配置してみました。(^^)
政治的な意図は、まったくありません。(^^)ノ

Hugh Laurie (ヒュー・ローリー)

House.jpg
a likeness of Hugh Laurie


今日は、ちょこっとマニア向けかも。
「Dr.House]
アメリカで大ブレイクしたドラマなのである。
日本でもCS放送なんかで人気なんだけれど、キー局でやってるところもあるのかな?

主人公のグレゴリー・ハウスは、天才的な医者なのだけれど、誤診で右足の筋肉を失い、鎮痛剤の依存症。性格は傲慢で、患者に対しても思いやりは無いのだ。
奇妙な病気やら、病院のチームの人間ドラマとか。見始めると、なんだか癖になるのね。
1話完結だけれど、シリーズを通して大きな流れがある系の連続ドラマなのだ。現在は、マダムの見るケーブルテレビでは次のシリーズ待ちの中休。再放送ばかり。
新しいシリーズの放送が待たれるところなのだ。

で、そのDr.グレゴリー・ハウス役をやっているのがヒュー・ローリーなのである。参考までに・・イギリス人なのね。

日馬富士公平

日馬富士 大関の責任


日馬富士って、「大関の責任」という言葉を常々口にしているのだとか。

横綱を倒しての優勝争いをファンは期待してるんだろうね。


そして、ふと思うんだけど、よっぽどの相撲ファンと思われてるような気がするマダム・・・・。

笠井信輔  小倉智昭

小倉智昭・笠井君!

特ダネ、小倉智昭が「笠井君!」と呼ぶからだろうか。
笠井アナウンサーは、「笠井君」なのである。
万年青年の笠井君。
これからも、何気に、ずっと「笠井君」と呼ばれ続けて生きていくような感じがするのである。

笠井信輔


 

爆走猫柳

シフトレバー


何ですのん?唐突に?・・。みたいな写真で失礼。(^^)ノ
マダムの愛車、真っ赤なプ×××のセレクトバーなのだ。

キラキラの青がキレイだから好きなんだけど、ボディカラーが真っ赤なので、こういうところも真っ赤なら楽しいんだけれど・・・なんてね。

ところで、マダムは、一度、運転中に危険な経験をしたことがあります。

父危篤の知らせを聞き、混乱する気持ちを押し殺して、ど深夜の田舎の高速をぶっとばしている時。
気がつくと、制限速度を・・・・・・!!!キロオーバー。
さらにアクセルを踏み込んでいる状態・・・・・。

でも、なんとなく、もう、どうでもいいような気持ちになり、そのままの状態で爆走。


気がつけば、ハンドルを握っている感覚も、アクセルを踏んでいる感覚も無くなり・・・・。


真っ暗な空間に自分だけが浮いているような幻覚を見ているような、妙な状態になった。


暗闇を随分ただよった。



しばらくして、

「へ?」

な状態で異常な現状に気がついた。

それから、イカン!!イカン!!と、ブレーキをすこしづつ踏んで、普通走行に。
その間、短い時間だったのか。それとも、すごく長かったのか。


でもね、あんな感覚の時に事故を起こしてしまうんじゃないのかな・・。

みなさん、安全運転を心がけましょう。って、まずは、マダムが心がけましょう。

マダムの休日

シャー専用ザク猫柳2



 今日のマダム猫柳の似顔絵は、お休みです。


たむらけんじ

たむらけんじ東京2


マダムと顔なじみの猫が、「ニャー」と鳴けずに「チャー」と鳴くのである。
そのたびに思い出すのが、『たむらけんじ』東京バージョンである。

たむらけんじ 大阪

大阪バージョンの『たむらけんじ』は服を着ている。マダムが東京バージョンの『たむらけんじ』と大阪バージョンの『たむたけんじ』が同一人物だと知ったのは最近である。(最近知ったことが多いのね)
あんなボソボソしゃべるオジサンより、もっとしゃべれる若手の芸人さん使ってあげればいいのに・・と思っていたくらいである。

・・・・・・・・・・

猫だんな春猫ダンナのコーナー

今日もマダムの手描き似顔を紹介しましょうね。
マダムは、裸と洋服を使い分ける男性を描いてますね。じゃ、こちらも裸に縁のある人にしましょうね。

北の湖理事長2008.2.8号掲載

現日本相撲協会理事で、前理事長の北の湖敏満氏ですね。何かと相撲界って大変そうですね。この絵も、少し相撲界が大変になってきた頃にマダムが描いた絵だったと思いますよ。何気にうなだれてらっしゃいますもんね。じゃ、またお会いしましょうね。猫ダンナでした。

・・・・・・・・・・

市川染五郎  松たか子

市川染五郎 兄です

昨日、市川海老蔵を描いたらば、もう1人くらい歌舞伎役者を描きたくなって・・・そしたら、その妹も描きたくなった・・・ということです。

松たか子 妹です

市川海老蔵

市川海老蔵 堀越です

海老蔵さんの婚約の記事で知ったのだけれど、市川海老蔵さんの本名って、堀越孝俊さんなんだそうで・・。
恥ずかしながら、わりと最近まで、本名の名字も市川さんなんだと思っていたマダムです・・・・。(^^;)

市川海老蔵です

栃ノ心剛  黒海太

栃ノ心 彫刻

栃ノ心 22才 グルジア出身。
ギリシア彫刻のような彫りの深いマスクがファンを引きつけている・・・のだそうだ。
そして、毎回思うことだけど、「グルジアって、どこ?」
ということで、再びグルジア出身の黒海関に登場してもらって、アジア大陸におけるグルジアの場所を指し示してもらいましょう。

黒海・グルジア

白鵬翔  朝青龍明徳

白鵬 一人横綱

今場所から一人横綱の白鵬。(中途半端に似てないけどね^^)
去年、年間で四敗しかしていなかったのに、初場所だけでまさかの三敗。
本人は「集中力が欠けていた」と言っていたそうだけど・・・。
初場所で、千秋楽に朝青龍を破った相撲が、両横綱にとって最後の一番になってしまった。

朝青龍の土俵でのパフォーマンスが見られなくなってしまったのは、ほんのちょっと寂しい。


朝青龍 そい!

ギャラリー猫柳

彼友3


「ギャラリー猫柳」・・・もうちょっとで、ネタ切れ。(^^;)

この絵は・・・・・ある意味、結局、似顔絵なんだけど・・・。
モデルは、友達と彼氏。
何かのお祝いに描いた。その時は喜んでくれたけど、今は、どうなってるのか不明。
これも、大きな絵なので、多分、確実に、絶対に、じゃまになってると思う。(^^;)

画材は、カラーインク。

マダムの休日

ザク0


今日のマダム猫柳の似顔絵は、お休みです。

中山雅史

中山雅史・ゴン2


この絵は、首から上は今のゴンちゃんで、下は昔・・。
サッカーに、あまり興味の無いマダムでも、中山雅史という選手の存在は知っている。
なんとなく、ジュビロの水色のユニフォームを脱ぐことはないと思っていた。
そろそろ監督なんかやっても・・・なんて勝手に思っていたりもした。
が、現役続行を希望する中山選手は、今年からJ2札幌に移籍。
マダムなんかにゃ分からない、魂というのがあるんだろうね。

・・・・・・・・・・

猫だんな春猫ダンナのコーナー
こんばんは、猫ダンナです。今日も早速、週刊朝日に掲載されたマダムの手描き似顔絵を紹介しましょうね。

山本一力2004.5.7号掲載

作家の山本一力さんですね。江戸時代モノの小説を書いてらっしゃる方ですね。マダムも、そのあたりの雰囲気を出したかったんでしょうか・・・なんとなく花札みたいなっちゃってますけどね。
端のほうが汚れているのは、他のハガキの郵便局のスタンプが何かのひょうしで着いちゃったみたいですよ。
じゃ、またお会いしましょうね。猫ダンナでした。

・・・・・・・・・・

千代大海龍二

千代大海2


微妙にフットボールアワーの岩尾望に似ちゃったりしちゃってるけど・・・初場所の4日目(1月13日)に現役引退を表明した、元大関千代大海なのだ。(似てないなぁ・・・ごめんね、こういう日もあるさ。)

そして、その時のコメントが・・・・・・・「土俵が怖くなりました。」なのである。


とんねるず

とんねるず2



最近、とんねるずの番組を見なくなってしまったマダムです。

その代わりと言っては何だけど、デパ地下のスイーツコーナーなんかで、『「みなさんのおかげでした」で紹介された×××です』なんてな張り紙は、結構見かけるようになったと思うのである。
そればかりか、「みなさんのおかげでした」で紹介されていたわりに、美味しくなかった・・・というような話しまで耳にする。
ちょっと、マンネリ?


Sandra Bullock (サンドラ・ブロック)

サンドラ・ブロック
a likeness of Sandora Bllock

映画界でその年最高の作品や俳優に贈られるアカデミー賞(Academy Awards)と、最低の作品や俳優に贈られるゴールデン・ラズベリー賞(通称:ラジー賞、Golden Raspberry Awards、Razzies)・・・この2つをダブル受賞したのが7日、第82回アカデミー賞の主演女優賞に選ばれたサンドラ・ブロック(Sandra Bullock)。

アカデミー賞と、ラジー賞のダブル受賞というのは、史上初なのだそうだ。

おまけに、ラジー賞受賞者には珍しく、自ら式に出席したのだそうだ。なんとも男前なのね。

プチ ギャラリー猫柳

ねこすもう


こういった感じの目的も無く描いたイラスト。もう全部処分したと思ってたら一枚出て来た。
出て来た記念に、登場させちゃいました。

ちなみに、土俵入りしている猫の右後ろ、太刀持ちの持ってる魚は、太刀魚・・・・のつもり。

KinKi Kids

KinKi Kids2


KinKi Kids
どちらかがインドア派で、どちらかがアウトドア派なのだそうだ。

マダムの知り合いにKinKi Kidsの大ファンがいる。
人づてに聞いたんだけど日本中・・いや日本以外の公演にも出向いて応援しているのだそうだ。
そのエネルギー・・・マダムは好き。

この絵って、ファンには許容範囲なのか、激怒ものなのか・・・。
非常に心配なマダムである。


マダムの休日

メゾン・ド・ステ8.1


今日のマダム猫柳の似顔絵は、お休みです。

成海璃子

成海璃子・ミラバケッソ


よく分からないコマーシャルがいくつかある。
その一つが、クラレのコマーシャル。
ミラバケッソ。アルパカ。何気にドラマ仕立て。
どうしたいのだろう・・・。

・・・・・・・・・・

猫だんな春猫ダンナのコーナー

3月になりましたね。こんにちは、猫ダンナです。今日も週刊朝日に掲載されたマダムの手描き似顔を紹介しましょうね。
石田純一2009.5.29号掲載

成海璃子で、「りこ」つながりってワケじゃないですけど・・石田純一さんですね。この人は、オールシーズン素足なんですってね。寒かったり蒸れたりしないんでしょうか・・・。オシャレは我慢も必要なのかもしれませんね。じゃ、またお会いしましょうね。猫ダンナでした。

・・・・・・・・・・・


ケンドーコバヤシ  木村祐一

木村祐一・ケンコバ2


わりと最近まで、ケンコバとキム兄の区別がつかなかった。
べつに困ることは何一つないんだけど、関西人としては、ありえない話のようで・・・。

かといって、そういうことも有ると思います・・・。なんてね。

Hugh Jackman (ヒュー・ジャックマン)

ヒュー・ジャックマン
a likeness of Hugh Jackman

アメリカンコミックの実写版映画の中でも日本での知名度が高いシリーズ「X-MEN」のウルヴァリンである。
近未来の突然変異で・・・・・・彼の場合は、手の甲の指と指の間というか付け根あたりから、刃物がシャコーンと出てくるのである。
危ないね。
こういうのを見ると、つい、みじん切りとかに便利そう・・・とか、衛生上問題ないのか?とか思ってしまう。(^^;)

この、ウルヴァリン役をやっているのが、ヒュー・ジャックマン。
マダムには、「ニューヨークの恋人」でメグ・ライアンの相手役として、まさに白馬の王子様だった印象が強い。
しかし、今や、完全に「XーMEN」のウルヴァアリンのイメージなのだ。

暴力シーンとか出血モノおよびホラーが苦手なマダムですが、こういうSFアクション系は、比較的好きなのである。


外人さんの雰囲気を似顔絵にするのは、まだまだ苦手のマダムです。

こんな感じも許容範囲と思い込んで、今後もアップしていきたいと思っています。(^^;)

藤原竜也  松山ケンイチ

デスノート。
マダムは前編を映画で見て、その後、姪が貸してくれたコミックを全編読んで、その後、後編の映画を見た。
ややこしい見方をしてしまった。

デスノート、キラこと夜神月(これで、ヤガミライトって読むのよね)役は藤原竜也。

藤原竜也 キラ


最近、人気実力ともに上昇中の松山ケンイチを初めて見たのが、この映画だったのだ。
今の松山ケンイチの素の感じって、ボクトツとしたイメージなんだけれど、デスノートでのL役では、甘い紅茶をすすりながら串刺しのスイーツをほおばり、天才的に犯罪捜査の指揮をとる・・・・という、かなり不思議キャラだった。


松山ケンイチ・L


大塚範一  草野仁  松平定知

草野 大塚


草野「やー!大塚君!!久しぶりじゃないか!!」
大塚「あら!草野先輩!ほんと、お久しぶりです。NHKでお会いして以来ですよねぇ。」

てなことは無いと思うのだけれど、頻繁に会っているようにも思えない、元NHKアナウンサーのお二人。

ちなみに、定年後もNHKで、お仕事をしている「その時歴史が動いた」の松平定知と草野仁は同い年なのだそうだ。

松平定知

プロフィール

マダム猫柳

Author:マダム猫柳
オートシェイプ似顔絵etc

第25回週刊朝日似顔絵大賞
 ・優秀作品賞受賞

週刊朝日似顔絵塾第38期特待生

I♡Mac
I♡Japan
大阪府在住

イラストの無断転載は、禁止です。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。