お参り猫柳

今日は、命がけの墓参りのお話を・・(^^;)

本格的に暑くならないうちに、お墓のお掃除に行ってきたマダムなのね。^^

はかまいり2

代々のお墓というなら仕方が無いとも思うのだけれど。
何故、こんなところの墓所の権利を買ったのか・・・・と義理の両親に対して思うマダムである。(^^;)
看板だけで、じゅうぶんぶっ飛びそうなのにね。(^^;)
マジでマムシなんかと、ひょっこり遭遇しそうな山に三方を囲まれちゃってるしね。
(^^;)
遭遇したら、病院まで遠いし。
マムシに腕なんか噛まれたら、映画みたいに、心臓に近いところをスカーフでキツく巻いて傷口を口で吸ってペッってやって、携帯で救急車を呼んだり出来るのか・・・?
自ら出来ないにしても猫ダンナに、そんなことが出来るのか?
傷口吸ってる猫ダンナが先に気絶しそうな気もするし・・。


はかまいり

そして、カメラでは撮りきれていないけれど、強烈な坂。
義父の納骨の日、姑の老人カートが回転しながら落ちて行った。
姑は、「あのお墓に行くのは、私は、もう骨になった時でいいわ。」なんて言っているし・・。


はかまいり3

ブンブンブンブン・・・・・音がするのである。
上を見ると高圧線。
毎回、ガッカリなものばかり見つけちゃうのである。

あえて・・メリットと言えば・・大変運動になる墓参りなのね。(^^;)

コメントの投稿

Secre

おはようございます

お墓と言うのは
誰もが必要なのに
自分の住んでるとこには
あって欲しくないので
辺鄙な場所になるみたいですよ^^;

関東でも 郊外の駅から車で15分くらいで
山の中なのに
近くに 産業廃棄物の施設とか・・

昔は 生活の場の近くにあったんですけどね^^

そうですね、ゆっくり眠れるお墓かもしれませんが、お墓参りにはちょっときつそうですね。
看板の上の墨書き「お墓まいりの迷惑です」というのは
スズメバチさんやマムシさんに対して言っているのだろうか。確かに出られたら迷惑だ(>_<)
ビクビク、キョロキョロしながらのお墓参りですね。

Plateauさん

こんにちわ。

そうですね。墓場が近所にありますよ。と言われて、そこに家を購入する人って、事情があるか、墓場が好きか・・かもしれないですよね。

昔、大名屋敷によっては、敷地内に墓所を設けられたりして、本当に身近かだったようですし、田舎でも田んぼの一角が地域の墓所だったり・・。みんなで清掃したり。

これからは、お墓はいらない・・という人も出てくると思いますし、お墓の事情も変わってくるかもしれませんね。^^

タツトモママさん
ゆっくり眠れそうなんです。^^墓参りのことさえ考えなければ。^^
秋川さんの歌みたいに「私は、そこにはいません。」なんて言われちゃったら、墓参りには行かないかもしれません。^^
入ってる人との関係によるかもしれませんが・・(^^;)
看板の上の墨書き・・よく気がつかれましたよね。さすがです。^^
どうも使い回ししたみたいでね、マムシさんとかスズメバチさんの看板とは関係ないみたいなんです。^^
あの看板さえ無かったら、ゆっくり掃除するのですが・・・いつも、ものすごいスピードで掃除して、「おじいさん!!じゃーね!!」って帰ってきちゃうんです。(^^;)
ま、行かないよりマシかな・・なんちゃってね。^^
プロフィール

マダム猫柳

Author:マダム猫柳
オートシェイプ似顔絵etc

第25回週刊朝日似顔絵大賞
 ・優秀作品賞受賞

週刊朝日似顔絵塾第38期特待生

I♡Mac
I♡Japan

イラストの無断転載は、禁止です。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示